Tottori Futsal Federation

鳥取県フットサル連盟
HOME2013年度
 第10回全日本女子フットサル大会 鳥取県大会
1.大会名称 第10回全日本女子フットサル選手権大会 鳥取県大会
2.主催 (財)鳥取県サッカー協会
3.主管 (財)鳥取県サッカー協会 フットサル委員会
4.日時 2013年8月25日(日)
5.会場 あやめ池スポーツセンター 
6.募集チーム数 6チーム (募集チームに達した時点で締め切り)
7.参加資格 @2013度財団法人日本サッカー協会の本大会フットサル登録を行った12歳以上(中学生以上)の女子選手により構成されたチームであること。
A第1項のチームに登録された女子選手であること。
B第1項,第2項のチームに登録されたフットサル個人登録済選手であること。 選手証を大会当日に持参していること。
C参加選手は各チームにて傷害保険(スポーツ傷害保険等)に加入していること。
D代表者は当該チームを指導掌握し,責任を負うことのできる20歳以上の者であること。
E帯同審判員1名(フットサル審判員4級以上の有資格者)が、大会運営に参加できること。 申込み時に大会登録票に必ず記載する事。
8.競技規則 @財団法人日本サッカー協会制定の「フットサル競技規則」による。(5ファールも適用する)
A本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できず、以降の処置については大会運営本部にて決定する。
B本大会期間中に警告を2回受けた選手は次の1試合に出場できない。
C競技時間:<予選リーグ> 前後半12分(プレーイングタイム)、ハーフタイム5分。         <優勝決定戦> 前後半12分(プレーイングタイム)、ハーフタイム5分。 タイムアウトについては予選リーグなし、優勝決定戦は前後半各1回とする
D交代要員の数:7名
Eベンチに入ることができる人数はスターティングメンバーを含め18名(選手14名、役員4名)
Fピッチサイズ:原則 38m×20m とする
G使用球:フットサル用ボール
Hシューズ:靴底が飴色の室内用シューズとする。靴底が着色したものである場合はノンマーキング仕様のものであること。ただし施設側からの要望により靴底が着色したシューズに対して使用不可と判断された場合はそれに従う。
Iすね当て:必ず着用のこと。
J競技中の指輪・ピアス・ネックレス・ミサンガは禁止とする。髪を束ねるヘアーバンドは認められるが、適切な材質、長さ、幅が主審によって確認されなければならない。
9.大会形式 @予選リーグ: (3チーム×2グループで実施。各グループの1位で優勝決定戦を実施する。順位決定:勝点の合計の多いチームを上位とし順位を決定する。勝点は、勝ち:3点、引分け:1点、負け:0点とする。但し、勝点が同じ場合は、得失点差・総得点・当該チーム間の対戦結果・抽選の順序により順位を決定する。
A優勝決定戦: 各グループ1位によって行う。 同点の場合は、前後半5分による延長を行ない、それでも勝敗がつかない場合は5名によるPK方式により勝敗を決定する。
※参加チーム数により大会形式の変更もあります
10.ユニフォーム @本大会録票に記載されたものを着用する。
Aユニフォームの広告表示については、財団法人日本サッカー協会「ユニフォーム規定」に基づき、財団法人日本サッカー協会理事会の承認を得た場合のみこれをみとめる。
Bユニフォーム(シャツ、ショーツ、ストッキング)は正の他に副として正と異なる色のユニフォームを 本大会フットサル登録票に掲載し、必ず携行すること。
Cチームのユニフォーム(ゴールキーパーのユニフォームを含む)のうちシャツの色彩は、 審判員が通常着用する黒色と明確に判別しうるものでなければならない。
D必ず本大会参加申込書の記載された選手個有の番号を付けることとし、番号は適当な大きさで見やすいものとする。
11.申込み方法 @参加申込書(大会登録票)に必要事項を記載の上、郵送、E-mailで申し込みを行なう。 なお1チームあたりでエントリーし得る選手は20名までとする。(プライバシーポリシー同意書も合わせて提出)
A申込締切日:2013年8月11日(日)必着
B申込先:〒689-1104 鳥取県鳥取市桂木863 尾崎 貴宏 宛
TEL 090-2291-4097 MAIL: pivo@inbapyonpyon.netm
大会参加費 \5,000 (大会当日支払いのこと)
12.参加申し込み用紙 大会要項  
大会登録票  
プライバシーポリシー同意書
13.その他 @本大会における優勝チームは、2013年9月22日(日) 佐伯総合スポーツ公園(広島県)で行われる中国地域大会に出場する権利と義務を有する。 中国地域大会で1位、2位になったチームは、11月1日(金)〜3日(日)(福岡県/北九州市総合体育館)で行なわれる第9回全日本女子フットサル大会に出場する権利と義務を有する。中国地域大会、全国大会の際にかかる移動宿泊費などは各チーム負担とする。
A参加資格に違反し及びその他の不都合な行為のあったときには、当該チームまたは当該選手の 出場を停止する。
B各試合前に、ベンチ入りを行なう選手(14名)及び役員(監督・コーチ含め)4名を記入した メンバー票を提出する。
C会場準備は第一試合のチームが行ない、片付けは最終試合のチームが行なう。各試合に帯同審判、タイムキーパー、記録の割り当てがあります。