Tottori Futsal Federation

鳥取県フットサル連盟
HOME2014年度
 第5回全日本女子ユース(U15)フットサル大会 鳥取県大会
  
●大会名称 第5回全日本女子ユース(U15)フットサル大会 鳥取県大会
●主 催 (一財)鳥取県サッカー協会
●主 管 (一財)鳥取県サッカー協会 フットサル委員会
●日 時 2014年6月14日(土) 
●会 場 あやめ池スポーツセンター  東伯郡湯梨浜町藤津 TEL(0858)32-2231
●参加資格@公益財団法人日本サッカー協会(以下、「本協会」とする。)に「フットサル3種」、「フットサル4種」の種別で加盟登録した単独のチームであること。一つの加盟登録チームから、複数のチームで参加できる。本協会に承認を受けたクラブを構成する加盟登録チームについては、同一クラブ内の他の加盟登録チームに所属する選手を、移籍手続きなしに参加させることができる。
A第1項のチームに登録された選手で上限20名までとする。
●ユニフォーム @本大会登録票に記載されたものを原則とし、参加申込書を兼ねるフットサル大会登録票を受理した後の記載事項変更は認めない。
Aユニフォームへの広告表示については、日本サッカー協会『ユニフォーム規定』に基づき、承認を得た場合のみこれを認める。ユニフォーム(シャツ/ショーツ/ストッキング)は、正のほかに副として正と異なる色のユニフォーム(シャツ/ショーツ/ストッキング)をフットサル大会登録票に記載し必ず携行すること。
Bチームのユニフォーム(ゴールキーパーのユニフォームも含む)のうち、シャツの色彩は審判員が通常着用する黒色と明確に判別し得るものでなければならない。(紺色のシャツについても認めない)
C背番号は1〜99番までとし、0番は認めない。必ず本大会参加申込書に記載された選手固有の番号を付けること。番号は適当な大きさで見やすいものとする。
●大会形式 参加チーム数によって異なる。リンク戦、総当り戦、グループに分けてリーグ戦、トーナメントのいずれかの形式にて実施する。  
※参加チーム数により大会形式の変更もあります
●競技規則 大会実施年度の一般財団法人日本サッカー協会フットサル競技規則による。
但し、以下の項目については特に本大会用として大会規定を定める。
@競技時間:  20分間(前後半各10分間)のプレーイングタイム。ハーフタイムのインターバル:5分間(前半終了から後半開始まで)
A試合の勝者を決定する方法(プレーの時間内で勝敗が決しない場合)     
リーグ: 引分け     
トーナメント: 決勝戦は6分間(3分ハーフ)の延長戦を行い、それでも決しない場合は5名によるPK方式により勝敗を決定する。その他の場合は5名によるPK戦で勝敗を決める。     
延長戦に入る前のインターバル:5分     
PK方式に入る前のインターバル:1分
B交代要員の数:7名
Cベンチに入ることができる人数:18名(交代要員9名、役員4名)
D本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できずそれ以降の処置については大会の規律委員会で決定する。
E本大会期間中に警告を2回受けた者は、次の1試合に出場できない。ただし予選リーグで受けた警告は決勝トーナメントへは持ち越さないとものとする。出場停止についてはそのまま持ち越すものとする。
Fピッチサイズ:原則として40m×20m
G使用球:フットサル用ボール
Hシューズ:体育館用シューズとする。床面を痛めるスタッドの付いたシューズや靴底に着色されたものは使用できない。(接着面が飴色若しく白色のものを使用する)
Iすね当て:必ず着用のこと。     
J参加資格に違反し、そのほか不都合な行為のあったときには、そのチームの出場を停止する。     
K試合において、フットサル選手証(写真付)を持参すること。不携帯のチーム及び選手は当該試合への出場を認めない。     
Lこの大会は、他の県大会における警告の通算及び出場停止は適用しない。
●その他 本大会の優勝チームは、2014年8月17日(日)山口県で開催される中国地域大会に出場する権利と義務を負う。